訪問介護

高齢化の進展、核家族化、少子化などさまざまな要因により、国を挙げての介護保険制度の充実が求められています。

高齢者社会に伴い、現実に在宅医療が重要視されてきています。
私たちピノキオ薬局でも、薬剤師が患者宅に訪問し、体調・生活状況をふまえた、細部の指導を行う在宅患者訪問薬剤管理指導・居宅療養管理指導を、医師や看護師、その他医療従事者と連携をとり、積極的に行っています。

  • はじめに

    高齢化社会に伴い、また介護保険制度も開始となり、ますます在宅医療の必要性が問われてきています。 私たち薬剤師は医療チームの一員として「在宅患者訪問薬剤管理指導」「居宅療養管理指導」により、在宅医療の中でも活躍する場が与えられております。 弊社では、以前より在宅医療を最重要課題に掲げ、真剣に取り組んで参りました。

  • 介護機関との連携

    お一人の患者の方に対し、医師をはじめ医療従事者が各専門分野での意見を提供しあい、その方に最適と思われる医療の提供に取り組んでおります。 患者宅を訪問後、私たちは文書で医師に患者情報のフィードバックを行っています。 緊急を要する場合には医師により直接指示を仰ぎ、薬剤の追加・削除、服用法の変更等、きめ細やかな対応を実践しております。

  • 患者宅での服薬指導

    在宅療養の患者さんは、デイサービス等の各種サービスを利用されております。 私たちは帰宅時間に合わせ、患者さんご本人と直接お話が出来るよう訪問時間を調節しています。 対話を通じてその日の体調、生活環境、何か困っていることはないかなど情報を収集することにより、その患者さんにあった投薬・服薬指導が可能となります。 またご家族の介護者の方の精神的、身体的疲労は計り知れないものがあり、一包化や粉砕など、剤形の工夫で介護に当たられる方の負担を軽くする場合もあります。 患者さんご本人はもちろん、介護者であるご家族の方にも目を向け、少しでもお役に立てるよう考えております。