学術活動

パーキンソン病用の病状日誌の作成 薬効を的確に把握し服薬指導や医師への情報提供を充実掲載媒体/日経ドラッグインフォメーション(H21.8)

わかば薬局石橋店(栃木県下野市)で作製したパーキンソン病患者用の「病状日誌」が、医薬連携の一例として取り上げられている。
基本治療薬であるレボドパ製剤の効果や副作用症状を的確に把握して、医師への情報提供や患者への服薬指導に役立てている。
「病状日誌」を見ながら話をすることで、患者とのコミュニケーションが深まるという効果も得られている。

 

【関連資料】
b22_1s
b22_2s
b22_3s
b22_4s