学術活動

情報シールを活用し、お薬手帳の携帯率を向上掲載媒体/Fresh Leaf(H21.summer)

ピノキオ薬局では、お薬手帳の携帯率の向上と、その効果的な活用を目指して活動している。そのため、患者のニーズをアンケートし、その結果を反映した、お薬手帳に添付できる情報シールを作成した。
この情報シールは、薬剤師には、患者とのコミュニケーションや服薬指導に役立つ、患者にとっては、お薬手帳を自己管理ツールとして扱うという認識を持つ、という効果があり、結果として携帯率の向上につながった。また、医師との協力関係の構築にも役立つ、というメリットもある。
ピノキオ薬局では、これからもお薬手帳に関する取り組みを推進していく。

 

【関連資料】
b16_1s