ピノキオ薬局最新のお知らせ

認知症サポーター養成講座

2016.11.8

宇都宮大学にて、認知症サポーター養成講座が開催いたしました。キャラバンメイトの資格を有する当社薬剤師2名が担当いたしました。

 

当日は、宇都宮大学基盤教育リテラシー科目「とちぎ終章学総論」の授業の一環として、認知症サポーター養成講座が組み込まれ、地域デザイン科学部、工学部に在籍する1年次の総勢250名近くの学生さんに対し開催いたしました。

 

認知症の方に対する偏見や誤った認識を持つことの無いように、スライドを用いた講義や寸劇などを通じて説明を行いました。実際に認知症のご家族を持たれている学生さんもおり、まだまだ認知症を遠い存在と感じている学生さんにも認知症は身近な社会問題として共有して頂き、正しい理解のもと認知症の方・介護をされている方に寄り添って頂けるようにとの願いを込めて説明を行いました。

那須烏山市 各地域での講演

2016.10.4 横枕地区

2016.10.6 大金台地区

201610.14 向田地区

201610.27 興野地区

那須烏山市の在宅医療推進事業の一環として、各地区の公民館にて、薬剤師の在宅医療やかかりつけ薬剤師を持つことの意義などについて講演を行っています。

 

その地区のご高齢の方にお集まりいただき、薬剤師にできること、かかりつけ薬剤師を持っていただくことで、皆様の健康な生活維持のお手伝いが出来ることを伝えさせていただいております。

 

毎回たくさんのご質問も頂き、世間話なども交え、楽しい時間を過ごさせて頂いております。

今後も、地域に根差す薬局として活動を継続して参ります。

宇都宮市清原地区 刈沼公民館で講演

2016.11.9

宇都宮市地域包括支援センターきよはらから依頼を受け、宇都宮市刈沼公民館にて講演をいたしいたしました。当日は、2時間の時間を頂戴し、刈沼地区のご高齢の方にお話をさせていただきました。

 

薬剤師の在宅医療やかかりつけ薬剤師を持つことの意義などについてはもちろん、認知症やこれからの季節に問題となる皮膚トラブル、スキンケアについてもお話しさせていただきました。

 

講演はその都度、季節や地域性、ご参加いただく方のご希望に沿うように構成しております。

ご希望の地区の方、お声かけ下さい。

とちぎ健康フェスタ2016へ参加

2016.10.29

昨年に引き続き、とちぎ健康フェスタ2016に出展いたしました。

脳年齢チェックや、緑内障の簡易チェック、骨粗鬆症の簡易チェックなど来場者のご相談をお受けいたしました。

 

脳年齢は皆様とても気にされていらっしゃる内容で、ゲーム感覚で脳の活動を高める紹介などをさせて頂きました。また、緑内障は未受診のまま放置されてしまうケースも多数存在するため、病気について簡易的にチェックを行い、また定期的な検査などについても啓蒙活動をおこないました。

 

普段の薬局内とは違った雰囲気で、じっくりお話をさせて頂く機会もとても大切と実感しました。

 

引き続き、地域の健康づくりのための活動を継続していきます。

スポーツファーマシスト普及活動

2016.10.16 二荒山神社前のバンバ広場にてスポーツファーマシスト普及活動を行いました。

当日は特定非営利法人スポルキッドジャパン TOCHIGIバディーズバスケットボールクラブ主催のバディーズフェスティバルにてブースを出展しました。以前活動を行った関東ジュニアバスケットボールリーグ戦でのアンチドーピング普及活動とは異なり、今回は一般市民向けにスポーツファーマシストという活動について普及活動を行いました。

 

道行く人々に活動のチラシを次々と配布をしていきました。やはりスポーツファーマシストというワードを初めて耳にされる方々が圧倒的に多かったので、時間のゆるす限り、我々の活動について丁寧に説明をしていきました。

多くの方が「薬剤師=薬を渡す人」という考えしかもたれてなかったので、これからの大きな取り組みである、かかりつけ薬局(薬剤師)として、幅広い活動を行うことが出来るという事をアピールし、そして実行していかなければならないと痛感しました。

 

今後も様々な場所で活動を行い、貢献していきたいと思います。

2 / 1212345...10...最後 »